【大阪で人気】口コミ・評判も良い幼児教室厳選5選を紹介!料金もお得で教育もしっかりとした教室をまとめました!

大阪の幼児教室の種類には何がある?特徴も紹介

公開日:2021/05/01

自分の子どもに対して、「その子の能力をたくさん伸ばしてあげたい」「自分に自信を持ってのびのびと育ってほしい」と思い、幼児教室へ通うことを考える方も多いのではないでしょうか。しかし近年では幼児教室の種類が増え、どの幼児教室がよいのか迷ってしまいますよね。この記事では、幼児教室の種類とそれぞれの特徴について紹介します。

幼児教室の種類

「幼児教室」の種類は多岐に渡ります。ここからは、種類ごとの幼児教室の特徴について解説しましょう。

■受験対策
幼稚園受験や小学校受験の対策ができる幼児教室です。3歳未満の子どもであれば、幼稚園受験対策になるでしょう。「志望校合格」という明確な目標を持ち、志望校に合わせたカリキュラムを実施されるのが特徴です。他にも、受験に必要な知識、日常生活のマナーを教えてくれます。また、受験対策の幼児教室に通うことで、面接の受け答えの練習、保護者向けの勉強会を受けられるでしょう。

■知育
知育を目的とした幼児教室では、0歳から通えるコースを用意している教室が多くあります。遊びを通して五感を刺激することで、知育、社会性を育てるのです。幼児期は脳がさまざまなことを吸収しやすい時期でもあるため、子どもの能力を最大限に伸ばすことができます。そして、教室の先生や友達とやりとりをするうちに、コミュニケーション能力や集団生活における協調性も養えるのです。知育の幼児教室は、子どもの年齢に合った教育を受けさせたいという方に向いています。

■芸術
芸術系の幼児教室は、ピアノ教室やバレエ教室、絵画・造形教室などが挙げられます。ピアノやバレエは、0~3歳だとまだハードルが高いため、音楽教育法のひとつである「リトミック」の教室に通う子どもが多いようです。リズム感や表現力を養えるため、0~3歳でリトミックに触れておくと、後に習うピアノやバレエにつなげやすくなります。絵画・造形教室は絵を描く技法を学び、子どもの想像力を養える幼児教室です。絵画・造形教室は、技法を学ぶためにある程度会話ができた方がよいため、2歳以降に通わせるとよいでしょう。

■運動
運動教室は、体を動かすことを目的とした幼児教室です。人気のあるものとして、体操、スイミング、サッカーが挙げられます。中でも、0~3歳の子どもに人気なのがベビースイミングです。赤ちゃんの頃から水に慣れさせることで、将来水を怖がらなくなったり、体が丈夫になったりすることが期待できます。また、お母さんも一緒に入るので、親子のスキンシップがとれるのもメリットです。

■外国語
グローバル化が進む中、小さい頃から外国語に触れさせたいという保護者は多くいます。幼児期の外国語教室は、ダンスや歌を通して外国語に触れるため、子どもも楽しみながら外国語を学べるのです。また英語は、ネイティブな発音が身につくのは3歳までといわれているため、幼児期から習わせる保護者が増えています。英語だけでなく、中国語の教室も人気が高いようです。

■プログラミング
プログラミングが小学校の授業にも取り入れられたため、プログラミングの幼児教室も増えています。プログラミング教室ではパソコンの基礎を学び、応用してイラストを作ったり、ゲームを作ったりするようです。本格的なプログラミングを学ぶことで、将来のITスキルの向上につなげられるでしょう。プログラミング教室は、早くて3歳頃から通える教室もありますが、一般的には6歳頃から通う子どもが多いようです。

■科学
科学の幼児教室では理科の実験をしたり、天文学や科学技術について学んだりします。科学を学ぶことで、子どもの好奇心を引き出すことが期待できるでしょう。また、科学の知識が身につくだけでなく、論理的思考、探究心を養えるのが特徴です。科学の教室は、コミュニケーション能力がついていないと難しいため、5歳頃から習うのが適切といえます。

■書道・そろばんなど
書道やそろばんなどの実用技能系の幼児教室は、一生役立つスキルとして、子どもを通わせる保護者が多くいます。他にも、国語力を育てるところやフラッシュ暗算が学べるところ、料理教室といった実用技能系の幼児教室が人気です。ある程度のコミュニケーションが取れて柔軟な発想ができる、3歳頃から通うとよいでしょう。

幼児教室には通わせるべき?

ここまでさまざまな種類の幼児教室を紹介してきましたが、幼児教室には通わせるべきなのでしょうか?子どもに合った幼児教室に通わせれば意味はあるでしょう。幼児教育は、脳が吸収しやすい3歳頃までに始めるとよいとされています。しかし、子どもが嫌がっているのに強制的に幼児教室に通わせるのは好ましくありません。子どもにとって興味があり、通いたいと思える教室選びが大切です。子どもに合った幼児教室が見つかれば、脳の発達を促すだけでなく、子どもの自信につながるでしょう。

 

幼児教室の種類と特徴について紹介しました。幼児教室は、受験対策、知育系、芸術系など、さまざまなジャンルに分けることができます。たくさんある幼児教室の中から、子どもが興味のあるものは何か、どのような子どもに育ってほしいのかを考えて選ぶことが大切です。子どもに合った幼児教室を見つけて、生まれ持った能力を最大限に伸ばしてはいかがでしょうか。

●でおすすめの●5選・ランキング

イメージ
会社名ジーニアスコぺル七田式ベビーパークチャイルドアイズ
特徴知能研究所の認定教室の中で最も安い授業料ほめて伸ばすことで潜在能力を100%引き出す本来の能力を引き出し、学力と心を育てる教育講師やスタッフは講師の資格を持った教育熱心なお母さん少人数制のレッスンで子供の個性に合わせた指導
詳細ページ

おすすめ関連記事

サイト内検索